機器・システムについて

Q.お湯を作るのですか?

.いいえ、違います。電気をつくります。
  太陽光発電システムは太陽の光エネルギーを利用して太陽電池で発電するものです。

Q.停電時にも、電気は使えるのですか?

.停電時には自動的に運転停止しますが、手動で自立運転に切り替えることで電気を使えます。


            自立運転

Q.太陽電池の重みによる屋根への負担が心配ですが。

.建物自体の築年数等により異なりますが、太陽電池モジュールおよび取付金具の重さは、陶器瓦の1/3~1/4
  程度と軽く、屋根への荷重は特に問題ありません。

Q.操作は難しくないですか?

.すべて自動運転なので、操作不要です!
  もちろん、電力会社との売電・買電も自動なので、面倒はありません。
  売電用メーターと買電用メーターは別々のため、売電した電気代は指定口座に振り込まれ、買電した電気代は
  請求が電力会社から来ます。
  (相殺されるわけではありません。)

Q.余った電気を蓄電する機能はありますか?

.蓄電機能はありません(*1)。
  ただし、電力会社と契約することにより、昼間の余剰電力を電力会社に売り(売電)、夜間などの必要な時に
  使うことが出来ますので、電力会社が我が家の蓄電池とも考えられます。
  (*1)蓄電システムが必要な場合はご相談ください。

Q.普通の屋根より雷が落ちやすいの?

.太陽光発電システムの設置で、雷が落ちやすくなることはありません。

Q.台風や地震がきても大丈夫?

.建物同等の強度がありますので、台風や地震もまず問題ありません。

発電について

Q.余った電気はどうなりますか?

.余った電気は売ります。 だから電気を無駄にすることはありません。
  晴天時の日中など自宅で使いきれない程発電し電気が余った場合は、自動的に電力会社に売電するようになって
  います。ですから、発電した電気を無駄にすることはありません。

Q.発電状況は確認できますか?

.パワーコンディショナ本体で、瞬時発電電力、積算発電電力量、運転状態など発電状況を確認することが
  できます。

Q.曇りの日や雨の日も発電するの?

.曇りの日や雨の日は、晴れの日よりは少なくなりますが、発電します。
  晴れの日と比較すると、曇りの日は1/3~1/10程度、雨の日は1/5~1/20程度になります。
  発電量の少ない日は、電力会社から電気を買う量が多くなります。

Q.積雪地域では発電量が少ないですか。

.太陽電池モジュールの上に雪が積もると発電しません。但し冬場でも晴天日の多い地域なら積もった雪が
  落ちるので相当の積算発電電力量が見込めます。

Q.太陽電池が葉っぱなどに覆われるとどうなりますか?

.太陽電池モジュールの一部に落ち葉・電柱等の影があると、その部分で抵抗が大きくなり、モジュール全体の
  瞬時発電電力が大きく低下します。

Q.発電以外に何か効果がありますか?

.遮熱効果が期待できます。夏場の冷房負荷軽減が期待できます。

設置について

Q.南面以外の屋根にも設置できますか?

.東面や西面の屋根面へも設置できます。

南向きの発電量を100%とすると東・西向きは80~85%程度と若干少ないですが、十分に設置可能です。
ただし、北向きは発電量が少ないため、お勧めできません。

Q.どんな屋根にも設置できますか?

.多くの種類の屋根や材質に対応できます。 屋根の上にモジュールを設置する面積が十分であれば、ほとんどの
  屋根で設置することが可能です。
  また、新築だけではなく既築の住宅にも設置することができます。
  (築年数や屋根の形状・屋根材等によっては設置できない場合があります。)

メンテナンスについて

Q.太陽光発電システムの寿命はどれくらいですか?

.太陽電池モジュールは一般的に平均で20年以上です。
  パワーコンディショナなどの周辺部品は、通常の電気製品と同じ約10年で交換が必要です。
  ※設置場所、使用条件により異なります。

Q.メンテナンスは必要ですか?

.より長く安心して使っていただく為に定期点検は必要です。
  パネルの汚れで発電量が落ちる事もあるので、パネル洗浄もおすすめしています。
  また、太陽光発電システムの故障や不具合を早期に発見するために「毎月の発電量」を記録しておくことを
  おすすめします。