電力自由化とは

これまでの家庭向けの電気は、各地域の電力会社だけが販売しており、家庭では電気をどこの会社から買うか選ぶことができませんでした。
2016年4月1日以降は、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

多彩な料金プラン・サービスが登場

「電力の小売全面自由化」により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になりました。
電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。