「屋根の太陽光発電パネル、自分で雪下ろししないで」 JPEAが注意喚起

「屋根の太陽光発電パネル、自分で雪下ろししないで」 JPEAが注意喚起

太陽光発電システムは、本来の発電機能維持の観点から、積もった雪は速やかに滑り落ちてしまうことが望まれる。

しかし、都市部の住宅などでは、建物の周りや隣家との間に十分なスペースがないため、太陽光発電パネルから雪が落下し、カーポート、自動車、植栽などの器物や、通行者に損傷を与えることがある。特に隣接する住宅や敷地に落下した場合は、近隣トラブルに発展する事例も報告されている。事故防止の留意点の概要は以下の通り。

積雪地域では設置時に落雪事故防止対策を

時おり積雪する地域も含め、積雪地域の住宅の屋根に太陽電池パネルを設置するにあたっては、機器や部材が雪の荷重に耐えられるようにすることが求められる。また、落雪により周辺の器物などに損傷を与える恐れがある場合は、雪止めの処置などの適切な対策が必要となる。

具体的な方法については、降雪量や雪質などの地域ごとの気候条件や屋根の仕様などにより異なるため、地元の状況に詳しい太陽光発電システムの設置業者、工務店、屋根工事店などに相談するよう呼びかけている。

降雪期は落雪の可能性について認識を

屋根に雪止め工事等の対策処置が施されている場合でも、その日の気象条件によっては雪が滑り落ちてくる可能性がある。太陽光発電パネルの表面はなめらかなガラスで覆われているため、雪が滑りやすく、また、一旦雪が滑り落ち始めると想像以上に遠くまで大量に飛んでくる可能性がある。

普段より多くの雪が降った時や、天候が回復して雪が融け始める時などには、落雪の可能性があることを充分に認識し、屋根の下に車を止めたり、不用意に軒下に立ち入ったりしないよう注意を促している。

雪下ろしはNG

太陽光発電パネル上での雪おろしについては、表面が滑りやすいこと、また、太陽光発電パネルに損傷を与える恐れがあるため、行わないこと。やむを得ず雪下ろし作業を行う必要がある場合は、太陽光発電システムの設置業者や、工務店、屋根工事店など、太陽光発電システムに詳しい専門業者に相談すること。

JPEAは、事業者に対しては、太陽光発電システムを設置したユーザーに対し、積雪に対する認識の喚起や、設置時に落雪事故防止のための適切な処置を行うよう求めている。

【参考】