住宅用の太陽光発電 53万世帯で優遇終了

政府は2009年11月に住宅用太陽光発電の10年間の余剰買い取り制度を始めたが、2019年に終了する家庭が全体の22%に当たる53万世帯に上ることが経済産業省資源エネルギー庁の調べでわかった。

買い取り期間終了後は余った電気を蓄電設備や電気自動車のバッテリーに貯めて自家消費する方法もある。

 

詳細は下記をご覧ください。

福島民報新聞 2018.8.27

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2018082701002039